Home > お悩み解決コラム > 【コラム】妊娠中、産後の肩こり解消!簡単エクササイズのご紹介

【コラム】妊娠中、産後の肩こり解消!簡単エクササイズのご紹介

 ~このコーナーでは産前産後の身体によくあるお悩みに対し、運動で解決できる方法をご紹介しています~

 

妊娠中や産後のマイナートラブルとして非常に多いのが「肩こり」

あるデーターによると約6割以上の方が妊娠中に肩こりを感じているそうです

さらに、肩こり(肩こりは一般的には首から肩にかけての痛みです)と共に

背中の痛み(肩こりよりも少し下の肩甲骨まわり)も入れればもっと多くの妊婦さんや産後ママが経験する痛みではないかと思います

 

肩こり、背中の凝りは原因はさまざまで一概にはいえません

妊娠前から悩む方もいれは妊娠をきっかけに痛みを感じる方もいますし

妊娠中は痛みがなく、産後に悩む方もいらっしゃいます

急激な痛みは医師に相談することが大切ですが

ここでは慢性的な痛みについてお話します

 

妊娠中は大きくなるお腹と重心のバランスを取るように姿勢が崩れやすくなります

また、産後の母乳準備としてバストが大きく重くなるために肩こりや背中のこりを感じる方もいらっしゃいます

 

また産後は、日々の赤ちゃんのお世話

特に授乳の姿勢は背中を丸くしやすかったり、小さな赤ちゃんのお世話は何かと重心を低く屈める事が多いのも原因です

産まれて間もなくは長時間の抱っこ、日々成長する赤ちゃんの体重にママの背中は固く強張ってしまいます

 

慢性的な痛みの場合、血流を良くし動かすことが改善につながります

簡単にできる肩こり解消エクササイズを気になった時にいつでも行ってみてください

 

 

「エクササイズ」

写真のように床に座る(妊娠後期の方は直接床に座るよりも椅子などに座った方が行いやすいです)

背筋を伸ばし、片手は肩に、反対の手は腰やお腹にあてます

お悩み01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと肘を持ち上げます

お悩み02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お悩み03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肘で円を描くように回しながら写真1の位置まで下します

 

5回~10回ほど肘を回したら逆回しを同様に行う

反対の腕も同様にして、外回し、内回しを行う

 

肘で円を描くように回した時に背中の肩甲骨を動かすイメージで行うのがポイントです

 

 

※妊娠中の運動は主治医の許可をもらい行って下さい

※運動中に痛みや不快感を感じたらすぐに中止してください

※効果や感想は個々に違いますことをご理解ください

 

 日本母子健康運動協会の運動プログラムは、この他にも多くのエクササイズがございます

ご興味のある方は是非クラスやセミナーをご受講ください